グローバルEC事業のポイント:構築・運用から事業化・グロースまで

コンテンツ紹介

中小・中堅企業こそグローバルEC事業

世界のEC市場規模は約430兆円(約3.8兆ドル)、EC利用者35億人

  • EC市場は中国が圧倒的であり米国が続く
  • COVID-19によるEC市場・消費者の変化
  • 各国のECマーケット概況(中国・米国・欧州・ASEAN・台湾)

グローバルECの構築ステップ

  • まずは初期構築フェーズで考えていくべき3つのこと
  • 国・エリアの選定はノックアウト条件から考えていく
  • 3C分析(顧客・競合・自社)は競合分析から実施すると早い
  • ECプラットフォームの選定&構築
  • その他、事業開始までに準備するべきこと

グローバルECのグロースフェーズで考えるべきこと

  • グロースフェーズで考えていくべきこと
  • 明日から使える小技1:有料広告を出す
  • 明日から使える小技2:海外向けプレスリリースを利用
  • 明日から使える小技3:海外インフルエンサーにサンプル品をつかってもらう
  • 明日から使える中技1:マーケティングオートメーションを導入してPDCAを回す
  • 明日から使える中技2:ソーシャルリスニングツールを使ってSNSの反応を計測

ダウンロードフォーム

氏名(姓)必須
氏名(名)必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社必須
部署
役職
紹介者

当社社員の紹介者がいれば記入をお願いします

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへのご回答、当社の商品・サービス・セミナー等に関する情報の提供、その他営業活動等に利用させていただきます。当社では、ご記入いただいた情報を適切に管理し、法令等による場合を除き、ご本人の同意なく第三者に開示、提供することはありません。送信前に「プライバシーポリシー」をお読みいただき、同意をお願いいたします。

 

この記事を書いた人

野口慎平

GDX 事業責任者 兼 プルーヴ株式会社事業開発部シニアマネージャー。
新卒で大手外資系総合コンサルティングファームにビジネス&テクノロジーコンサルタント職として就職。2016年よりプルーヴ株式会社に法人営業職として入社。慶應義塾大学理工学部・同大学院 理工学研究科電子工学修了。
海外SEOとマーケティングオートメーションを軸としたデジタルマーケティングを得意とする。
Salesforce Pardot甲子園2021優秀賞受賞

取得資格:
応用情報技術者、IPAプロジェクトマネージャ、上級ウェブ解析士、数学検定1級、salesforce 認定アドミニストレータ、IoTコーディネーター取得