インスタグラムストーリーズ広告の出稿方法!知っておきたいポイントと成功事例

instagram

インスタグラムストーリーズは、2016年に新機能として追加された、今では日本国内アクティブユーザーの7割が利用しています。ストリーズ広告は2017年3月から配信できるようになりました。

なお、1日あたりのアクティブユーザー数は5億人にのぼり、新しい顧客とつながるメディアとして有効なことは間違いないでしょう。この記事では、今回はInstagramの中でなくてはならない機能になったストーリーズにおける広告の概要や出稿方法について詳しく解説します。

インスタグラムストーリーズ広告とは?

インスタグラムストーリーズは、通常のフィード投稿と異なり、24時間で消滅する画像や動画をシェアする機能です。ストーリーズ広告では、そのように画像や動画、複数の画像・動画を組み合わせた広告を配信することが可能です。ここではストーリーズ広告の特徴や費用、他の広告と比較した強みについてご説明します。

ストーリーズ広告の特徴や費用

ストーリーズ広告の最大の特徴は、スマートフォンの画面全面に表示されることです。フィード投稿での広告配信の場合は、通常の投稿に埋もれてしまうデメリットがあります。埋もれてなかなかユーザーに注視されないことがありますが、ストーリーズ広告だと画面全体に表示されるため、配信されれば確実に見てもらえます。

ただし、広告を飛ばすことも簡単にできてしまうため、最初の数秒での印象が非常に大切です。多くのユーザーの目にとまるという点はストーリーズ広告の大きな特徴だと言えます。
なお、費用は他のインスタグラム広告同様、Facebookの広告マネージャー上で費用の管理も行います。特別に費用を設定する必要はないため、Facebook広告の最低出稿額である100円から配信可能です。すべての広告の目的で使用できる CPM(インプレッション単価制)で配信を行った場合は、他の配置よりもインプレッション単価が60%から75%ほど安価な傾向があります。

他の広告との違いや強みは?

ストーリーズ広告と他の広告との違いとしては、上記でご説明した通りフルスクリーンで表示される点だけでなく、他にもユーザーが閲覧しているストーリーズに差しはさまれる形で配信されるという点も挙げられます。

自社をフォローしていないユーザーに対しても、あらかじめ設定したターゲットに該当するユーザーであれば、ユーザーが閲覧しているストーリーズに差し挟まれる形で配信されます。確実に見てもらえるという強みがありますが、簡単にスキップすることもできるため、広告を最後まで見てもらうためには、ユーザーの気持ちを一瞬でつかむ工夫が必要になります。


また、リンク先に興味を持ったユーザーは、ボタンやURLをタップするのではなく、画面の上向きにスワイプします。広告にデフォルトで上向きの矢印が表示されているため、ユーザーは気軽にスワイプするだけで遷移先へアクセスしてくれます。

インスタグラムストーリーズ広告の出稿方法

ストーリーズ広告を配信するための設定方法を解説していきます。基本的にはFacebook広告と同じ方法で配信設定が可能です。Facebookビジネスページ作成の上、広告マネージャーを使用します。

ビジネス用のFacebookページを作成する

インスタグラムで広告を出すには、ビジネス用Facebookページの作成が必須です。作成手順について説明いたします。
まず、個人用Facebookページにログインし、画面左のメニューから「ページ」を選択します。

次に、下のような画面が表示されるので、ページ情報や詳細などを設定します。

Facebookで広告作成までの下準備を行う

続いて、Facebookビジネスマネージャの作成をします。手順は以下の通りです。
ビジネスマネージャにアクセスして、画面右上の「アカウントを作成」をクリックします。
<画像:no4_03.png>
ビジネスアカウントの名前、管理者の名前、メールアドレスを登録し、登録したメールアドレスに届いたメールから認証作業を行います。これでアカウントが開設されるので、「ビジネス情報」から正式名称や住所、電話番号などの情報を入力してください。
ビジネスマネージャが作成できたら、次はビジネスマネージャにFacebookページを追加しておく必要があります。「ビジネス設定」から「ページ」を選択します。「追加」ボタンからページを追加を選択し、ページ名またはURLを入力すればFacebookページが追加されます。広告を出すには、ビジネス設定から「広告アカウント」> 「追加」> 「新しいアカウントを作成」で新しい広告アカウントを作成しておきます。

インスタグラムストーリーズ広告を作成する

ビジネス設定から「広告マネージャ」を選択し、「+ 作成」のボタンを押下します。

すると、キャンペーンの目的を選択できるので、いずれかを選択して、キャンペーンの名称や上限予算などの各項目を設定します。

続いて広告セットを作成します。予算や掲載期間、オーディエンスなどを設定しますが、インスタグラム広告を出す際に注意したいのは、配置です。インスタグラム広告において「配置」とは、広告の配信先のことを指します。運用の最適化を重視するのであれば自動配置でも良いですが、インスタグラムに特化して配信したい場合は手動配置を選択し、インスタグラム以外のチェックを外すようにします。費用対効果を高めるには、商材や広告の内容に適したキャンペーンを選択すべきです。

全ての設定を終えたら「次へ」をクリックし、広告の作成に移ることができます。選択できるフォーマットは配信先によって異なるので、訴求内容とターゲットに適したタイプを選びましょう。

広告に使用する画像や動画を追加し、メインテキスト、見出し、リンク先などを設定します。

最後に、表示するコールトゥアクションを選択し、プレビューをチェックします。画面右下の「公開する」をクリックすれば完了です。下書きとして保存すれば、後日修正・公開することも可能です。

ストーリーズ広告の成功事例

ここからは、実際にストーリーズ広告を活用して成功した企業の事例から、運用のヒントをご紹介いたします。

FURLA

アパレルブランドFURLA(フルラ)は、高級バッグやレザーグッズを販売するイタリアのブランドです。メインターゲットは、日本に在住する18~34歳の男女。このターゲット層がFURLAの服を着用している動画を用意し、ストーリーズ広告を配信しています。ストーリーズ広告では、複数の商品やサービスを1つの広告で紹介できる「コレクション広告」と呼ばれるフォーマットを活用。自社の商品カタログから自動的に商品コレクションが表示されるように工夫しています。

ユーザーは商品の詳細を簡単に確認でき、気に入った商品があればそのまま購入も可能です。2019年8~9月の3週間でInstagramストーリーズ広告を配信した結果、25~34歳の広告想起率が19ポイント改善し、好感度が3ポイント上昇する成果を生み出しました。

ニフティ不動産

有名不動産サイトの物件をまとめて検索できるスマートフォンアプリを提供するニフティ不動産。賃貸物件や購入物件、約1,000万件の不動産情報から豊富な条件でまとめて検索できる不動産情報サービスを提供しています。動画マーケティングにおいて、Instagramフィードやストーリーズといった各配信面に特化したフォーマットの改善を試みました。ストーリーズ広告では、ユーザーが素早く情報を取得できるように、短時間でスピード感のある動画クリエイティブにこだわるといった工夫をしています。結果的に、これまで出稿してきた広告に対してリーチ数が4倍に増加し、アプリインストール数も23%増える成果を得られています。

ダイキン工業

ダイキン工業は、約150カ国展開する空調機、化学製品メーカーです。エアコンを自分で購入する機会が少ない若年層に向けたプロモーションとして、ストーリーズ広告に人気クリエイターのkemioさんを登用しました。インタラクティブストーリーズ広告のアンケートスタンプ機能の活用にあたり、どのようなクリエイティブ設計が最適なのかをA/Bテストで検証しました。ストーリーズ広告のアンケートスタンプ機能を活用した、クイズ形式で楽しみながら参加できるインタラクティブな広告で、訴求力を高めました。

テーマ自体は「湿度コントロール」という若年層の興味を引きづらいものでしたが、コミュニケーションしやすい仕掛けによってターゲットに届く広告を出すことに成功しました。アンケートスタンプ不使用のクリエイティブと比較すると、クリック率は1.7倍、クリック単価は38%削減、再生単価は17%削減という成果を得ました。

まとめ

今回は、Instagramストーリーズ広告の特徴から出稿方法、成功事例をご紹介しました。ストーリーズ広告は広告色少なく、ターゲットユーザーにアプローチできる手法です。最近、活用する企業も多くなり、成果を出すためにはクリエイティブやターゲット設定など様々な工夫が必要になります。

GDXでは、インスタグラムのアカウント運用や広告運用などもご相談いただいております。

ストーリーズに広告を載せてみたいがよりスピーディーに成果を出したいなどお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

野口慎平

GDX 事業責任者 兼 プルーヴ株式会社事業開発部シニアマネージャー。
新卒で大手外資系総合コンサルティングファームにビジネス&テクノロジーコンサルタント職として就職。2016年よりプルーヴ株式会社に法人営業職として入社。慶應義塾大学理工学部・同大学院 理工学研究科電子工学修了。
海外SEOとマーケティングオートメーションを軸としたデジタルマーケティングを得意とする。
Salesforce Pardot甲子園2021優秀賞受賞

取得資格:
応用情報技術者、IPAプロジェクトマネージャ、上級ウェブ解析士、IoTコーディネーター取得
Salesforce認定アドミニストレーター